ウォーターサーバー | ベビーの健康の為にママが気をつけること〜赤ちゃんサポート〜

ウォーターサーバー

赤ちゃんを膝に置く助産師

メリットと設置の際の注意点

日本の水道水は世界的に見ても安全だと言われていますが、実際は消毒用の塩素やトリハロメタンなど体に良くない成分が微量ながら含まれています。そんな中、ウォーターサーバーへの関心がどんどん高まってきています。 ウォーターサーバーには、天然水やRO水といった徹底的に濾過された水が使われているのでとても安全です。家までお水を運んできてくれるので、買い物に行って重たいペットボトルを運ぶ手間が省けます。コックをひねるだけで冷水とお湯が出てくるので、冷蔵庫で冷やしたりお湯を沸かしたりする必要がありません。 ウォーターサーバーを扱っている業者はどんどん増えてきています。お水の空ボトルは回収されるのか捨てるのか、サーバーレンタル料は必要なのか無料なのか、お店によって特色も様々なので、選ぶ際には注意が必要です。

赤ちゃんに最適なお水

ウォーターサーバーのお水は、赤ちゃんにも最適だとご存知ですか。日本の水道水は、ミネラル分の少ない軟水です。赤ちゃんのミルクは日本の水道水で作ることを基準としているので、硬水で作るとミネラル過多になってしまいます。大人にとっては様々な効能をもたらしてくれるミネラルですが、赤ちゃんの未発達な内臓には大きな負担です。ウォーターサーバーのお水は、水道水と同じ軟水なのでその心配はありません。 赤ちゃんにミルクを作ったら、なかなか冷めなくて泣かせてしまったことはありませんか。ウォーターサーバーはお湯も水もすぐに出てくるので、赤ちゃんを待たせることがありません。ミルクが終わった後の水分補給や、離乳食を作る際にも安心して使うことができます。 業者によっては、赤ちゃんのいる家庭向けにプランを設定しているところもあります。安心・安全なウォーターサーバー、一度検討してみてはいかがでしょうか。