安心の水 | ベビーの健康の為にママが気をつけること〜赤ちゃんサポート〜

安心の水

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんのミルク作り

赤ちゃんに欠かせないもの、それはミルクです。完全母乳なら要らないものですが、ミルク作りは昼夜を問わず2〜3時間おきにやってくるのです。そこでウォーターサーバーを利用すれば、あっという間に作れてしまいます。やかんにお湯を沸騰させてからほ乳瓶に注ぐまでの時間は、赤ちゃんが泣いていると長く感じられます。ウォーターサーバーは、お湯はねの心配も要りません。また、注ぎ口が細いので、ぎりぎりまで近づけて、欲しい量を正確に注ぐことができます。また、ウォーターサーバーで利用する水は赤ちゃんにも優しい成分が含まれているので、健康面でも心配無用です。ウォーターサーバー自体の利用料はかからず、たいてい水の代金だけでOKです。そのため赤ちゃんメインの利用なら、出費もあまり気になりません。

出費はあまり変わらない

ウォーターサーバーは高いのではないか、と心配するかもしれませんが、格段に出費が増えることはありません。基本的に赤ちゃんのミルク作りを主としたウォーターサーバー利用であれば、1か月3000円程度で済みそうです。お湯スイッチもありますので、電気代は電気ポットを利用するくらいの額だと考えていれば良いでしょう。電気代を少しでも節約したいということであれば、外出時やミルクを作った直後など、こまめに電気を切ると効果があります。水代+配達代+ゴミなし代がウォーターサーバーに含まれていると考えれば、納得価格と言えそうです。また、初めての場合は無料お試しを利用したり、友人紹介をしたりすることにより、価格単価を下げることも可能です。